施設のご案内

岩盤浴 Pankuzu arrow 岩塩房(男性エリアのみ)

Large
岩塩房<低湿度岩盤浴> ※男性エリアのみ
岩塩が織り成す柔らかな光とマイナスイオンに身を委ね、穏やかに加湿された空間で発汗します。開いた毛穴はデドックス効果を促進し、自然治癒力も高めます。岩盤効石にはホルミシス効果、遠赤外線効果、デドックス効果の三大要素が存分に堪能できるよう、それぞれバドガシュタイン鉱石、ステラ三星石、ゲルマニュウム鉱石を効果的に配しています。



【室 温】 45~50℃
【湿 度】 40~50%

◇ 岩盤の石別の説明と、効能の用語説明

◆ホルミシス効果(低線量の放射線を浴びることによってもたらされる様々な効果)
【バドガシュタイン鉱石】
ラドン温泉で世界的に有名なオーストリのバドガシュタインラドン坑道療法で用いられるラジウム鉱石で、放出されるアルファ線と呼ばれる放射線を気化させる機能があります。またラドンは、血液や体液をイオン化し、活性化させる機能があります。

◆遠赤外線効果(温熱効果、身体の隅々まで効率よく温める効果)
【ステラ三星石】
三億年前の岩石がマグマの強い熱で変成作用を受けたホルンフェルスです。遠赤外線の殆ど全ての波長において高放射率を持ちます。42.6℃において5~22.55μmの積分放射率は87.2%と天然岩石ではきわめて高い放射率であるため岩盤浴での活用が効果的です。

◆デドックス効果(細胞の活性化による解毒効果)
【ゲルマニュウム】
マイナスの自由電子が皮膚に触れることによって身体に移動します。成人病や癌の予防、アトピー等に有効に働くといわれています。